Sustainable Japan Network / 余市町 主催
第5回Satoyama実践者交流会

里山 ✕ インバウンド
〜北海道のポテンシャル~

参加費無料

日時:2024年 9月28日(土)・29日(日)[2日間]

会場:余市中央公民館北海道余市郡余市町大川町4丁目143・余市駅徒歩8分

主催:The Japan Times Sustainable Japan Network、余市町
後援(実践者交流会): 各省・団体に申請中

  • 基調講演

    藻谷 浩介

    日本総合研究所調査部主席研究員

  • 登壇者

    齊藤 啓輔

    余市町長

  • 登壇者

    片山 健也

    ニセコ町長

その他の登壇者は以下、登壇者プロフィールをご覧ください。

The Japan Times Sustainable Japan Networkは余市町と共催し、第5回 Satoyama実践者交流会を開催します。
今回は『里山✕インバウンド 〜北海道のポテンシャル~』をテーマに藻谷浩介氏の基調講演やドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦氏、余市町の齊藤啓輔町長、ニセコ町の片山健也町長などによるパネルディスカッション、また各地で地域全体の活性化に寄与する実践者、高校生のみなさんに里山や里海の視点からその活動や成果を共有いただきます。

申し込み方法

Satoyama実践者交流会、スタディツアー、懇親会への参加希望の方は下記サイトよりお申し込みください。

参加費用

Satoyama実践者交流会

参加費 : 無料

会場:余市中央公民館

懇親会費

参加費 : 11,000 円 (税込)

会場:かくと徳島屋

スタディツアー

「昼食」および「一部のイベント参加費」については自費負担となります。
昼食費:1300~1800円(税込・予定)

申し込み期限

実践者交流会 : 定員に達し次第/
懇親会:2024年9月6日(金)まで(※締切日程に変更の可能性がございます。予めご了承ください。)/
スタディツアー:定員に達し次第

登壇者プロフィール

Satoyama実践交流会プログラム(1日目)

全体テーマ:「里山✕インバウンド 〜北海道のポテンシャル~」

開会(13:00)

受付開始

開会挨拶(13:30)

末松 弥奈子 (Sustainable Japan Network代表/ジャパンタイムズ代表取締役会長)
齊藤 啓輔 (余市町長)

基調講演

「里山✕インバウンド 〜北海道のポテンシャル~」

藻谷 浩介(Sustainable Japan Networkアドバイザー/日本総合研究所 調査部主席研究員)

パネルディスカッション(1)

「キーパーソンに聞く、北海道の成功の秘訣と課題」

モデレーター:吉田 雄人(元 横須賀市長/Glocal Government Relationz代表取締役)
パネリスト : 齊藤 啓輔(余市町長)
片山 健也(ニセコ町長)
加森 万紀子(加森観光株式会社 事業開発室長)

パネルディスカッション(2)

「北海道ガストロノミーツーリズムの可能性」

モデレーター : 藻谷 浩介(Sustainable Japan Networkアドバイザー/日本総合研究所 調査部主席研究員)
パネリスト : 曽我 貴彦(ドメーヌ・タカヒコ)
伊藤 亜由美(株式会社クリエイティブオフィスキュー 代表取締役・プロデューサー)
大西 希(鶴雅ホールディングス株式会社 取締役副社長)

地元地域の発表(1) (地元団体)

「この地でもてなすという本当の意味~余市sagraの取組について~」

村井 啓人氏(余市SAGRA・オーベルジュ)

地元地域の発表(2) (高校生)

国際理解班「英語版ガイドポスター(簡易版マップ)」
生産ビジネス班「所品開発で余市町を活性化!!」

北海道余市紅志高等学校

懇親会(18:30~20:30予定)

スタディツアー(2日目)

集合

8:30 余市駅

内容

①視察先:ドメーヌ・タカヒコ(曽我 貴彦氏)

②視察先:ニトリ観光果樹園(ニトリ果樹園株式会社 代表取締役社長 似鳥 靖季氏)

③ランチ:ワインときどき豚

④視察先:よいち水産博物館

⑤視察先:ニッカ余市蒸溜所

解散

15:45 余市駅
小樽行:16:03発 JR函館本線

※スタディツアーは、行程が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

Satoyama実践者交流会に関する
お問い合せ

株式会社ジャパンタイムズキューブ
Sustainable Japan Network事務局
(担当:中田、関戸)

TEL:03-3512-0330

(受付時間 9:00~18:00)

MAIL:satoyama@japantimes.co.jp

Subscribe to our newsletter